髪を気にする男性と薬を飲む男性
公開履歴
両手で薬を持っている男性

薄毛がコンプレックスになっていて仕方がない人は、意外と多いのではないでしょうか。
特に年齢的にまだ若いのに、薄毛という場合はAGAであることも考えられます。
このAGAというのは、男性型脱毛症のことです。
このAGA対策を適切に行うことにより、抜け毛防止の効果が得られ、しかもコンプレックスも解消されることになります。

AGAを改善するには、医薬品を使うことになります。
医薬品としてまず挙げられるのがミノキシジルです。
ミノキシジルといってもぴんと来ないということもあるかもしれません。
わかりやすく言ってしまえば、血行を促進して毛母細胞を活性化させる物質です。そのため発毛にかなりの効果があるのです。

このミノキシジルのジェネリックにツゲインというのがあります。
このツゲインは、ロゲインとも呼ばれています。
具体的には、よくドラッグストアで見かけるリアップという商品に使われています。
ですからリアップというのはミノキシジル製品であるということができます。
またリアップとは別に、ロゲインという外用薬もあります。

このミノキシジルは外用薬、つまり頭皮に直接塗るタイプと、内服薬の2種類があります。
リアップは前者になります。
一方内服薬、つまり飲み薬にはミノキシジルタブレットと、ロテニンの2つの種類があります。
外用薬はリアップのようにドラッグストアで買うことができますが、内服薬は厚生労働省が承認していないため、クリニックで処方してもらうか、個人輸入するかのどちらかになります。

個人輸入をする場合は、輸入代行業者に依頼することになります。
その一方でクリニックは、検査をまず行ってから定期的に通院して治して行きます。
個人輸入はあくまでも自己責任となりますが、クリニックの方は医師が処方してくれるので安心です。
ただし保険が適用されないので、治療費はやや高めです。

一般にはミノキシジルタブレットなどの内服薬の方が、頭皮に塗るタイプよりも効果は高いといわれています。
成分が血流に乗って細胞に到達するので、浸透しやすくなるためです。
実際内服薬で治療を行った人は、発毛する確率もかなり高く、地肌が見えない程度にまで髪が増えたという人も多くなっています。

もちろん気をつけておきたい点もあります。
服用を始めてからしばらく経つと、初期脱毛といって髪の毛が抜けてくることがあります。
せっかく薬を飲んでいるのに、なぜ脱毛が起きてしまうのでしょうか。
それは髪の生えるサイクルと関係があります。
薬を飲むことによって、髪が普通よりも早く成長期に入り、そのため前に生えていた細い髪は抜け落ちてしまうのです。
薬の副作用ではありませんので、心配することはありません。

むしろ薬が作用しているため、初期脱毛が起こると考えた方がいいでしょう。
もちろん外用薬でも改善効果は感じられますが、血流に成分が乗るわけではないので、いくらか緩やかになります。
外用薬を使う場合は、その点に注意しておくようにしましょう。

それともう一つ注意したいのが、併用禁忌薬があるという点です。
要するに薬の飲み合わせのことです。
併用禁忌薬としては、まず血圧降下剤が挙げられます。
それからバイアグラとか、偏頭痛の薬などもよくありません。
それから併用注意薬というのもあります。
こちらは尿酸値を下げる薬や、てんかんの薬などがあります。

AGAのコンプレックスを解消したい、髪を元通りに増やしたいという時には、ミノキシジルはとても便利な成分です。
しかしその反面副作用もありますし、一緒に飲んではいけない薬もあることを覚えておくようにしましょう。
具体的にどのような副作用があり、なぜ一緒に飲んではダメな薬があるのかを調べてみましょう。